So-net無料ブログ作成

【aurora2】Cynogenmod10.1 で幸せなJellyBeansの夢を見る

中華パッドと俗に言われる、ainolのaurora2を購入してすでに1年が経とうとしている。

カスタムファームを導入済みの状態で購入したものの、手持ちのiPadと比較するとタッチパネルの性能がイマイチで、最近まで使っていなかったのが事実だった。

ふと、調べてみたら、CFWの最新版があったので導入してみることにした。

以下作業メモ。

※CFWの導入は自己責任で。文鎮になってもデータが消し飛んでも責任は負い兼ねます。
※サポートはできません。あしからず。

slatedoroidのここらへんを参照に。

【aurora2の電源を切って、microSDカードを抜き、PCにカードをマウントして作業する】

1.TWRPのリカバリを持ってくる。解凍し、uImage_recoveryファイルをmicroSDカードのルート直下に置く。

2.Romファイル(cm-10.1-[日付]-elf.zipみたいなやつ)、Gappsファイル(gapps−jb−[日付]-signed-ubifs.zip)、Compatibilityファイルをダウンロードして、Zipファイルのまま、microSDカードのルート直下に置く。Romですが、今回はMultiUserではないやつをダウンロードしました。

【PCでの作業おしまい。microSDカードをaurora2に差し込む】

3.タブレットの電源を電源ボタンと「VOL −」ボタンを同時に押しながら起動。緑のドロイド君が出るまで続ける。(実際にはドロイド君が消えるまで押していました。)

4.必要に応じて/system, /cache, /dataをフォーマットする。(/systemと/cacheをフォーマットしました)

5.「Flash Rom」メニューで、ダウンロードした3ファイル(Rom, Gapps, Compatibility)を追加して、フラッシュする。

6.再起動して、楽しむ(^O^)


入れ替えた感想として、タップの精度がすごくあがった気がします。

さらにうれしいことに、今までHDMIケーブルを接続した瞬間にaurora2が原因不明で落ちていましたが、cynogenmod導入後からバッチリテレビに映りましたヾ(*´∀`*)ノ


ファームを入れ替えてからというもの、iPadを活用する時間よりも、aurora2を触る時間が増えました。

これで、USBドングルにつけたBluetoothが認識できるといいんだけどなぁ・・・。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。